shodo_f78ff03069c4b46577b75a16a11ca52f

ギャグマンガのようなれっきとした、うつ病について載せている本です。

わずか25ページで、自分が「うつ病」だと診断されるかわかる

しかもマンガでw

超読みやすいんですよね、これ。

自分が「うつ病かも」って思っている方は、速攻で「うつ病」かどうかわかります。

また、うつ病の原因と思われることについて、軽度のうつ病、重度のうつ病の違いや、対応の仕方のこと。

重度のうつ病でもこのギャグマンガ本で内容がわかる感じです。


ぼくだって、楽しんでる感満載だけど、結婚してないからね。もうすぐ33歳。

夫婦って戦友って思ってたりもするんですが、戦友が見つからずひとりで武器も銃もなく向かってる状態。

先日友人の家に遊びに行きましたが、こどもが元気で楽しそうに暮らしてて、うらやましたかったですよ。

幸せをおすそ分けしてもらうはずが、若干ダメージになったりもしました。

ただ、このギャグマンガ本で、他の考え方や他の道を意識しようと思うようになりました。


印象に残ったのは、
  • 「すべき」じゃなくて、「するに越したことはない」
  • 自分のことを責めても得られるものはない
  • 大切なのは、過去の自分を認めて許して、これから歩いていくこと。
  • 戦う相手は自分の感情ではなく行動。つらくなったらおっぱいって決めてしまう。
あたりでしょうか。


まわりにうつ病っぽい人、うつ病の人、自分がそうかもしれない人へ、その人を助けたい、もしくは自分を助けたい人向けの入門ギャグマンガ書と言えるでしょう。

ホント、「うつ病」は軽くても3か月、重くなると1年は治りませんからね…。

ぼくだって、重度の診断からやっとこのブログを書けるまでにはなりました。まだ薬を服用して全然ではあるのですが。。。


シャレにならない前に、読んでおくとよい一冊ではないでしょうか。

意外と、日常生活への心意気にも役立つことがあって、うつとは無縁でも読んでみることをおすすめしますね。