shodo_e0f7151c820461240f1979527d1109db
メールソフトに、Thunderbirdを使っている方も多い…かも。

Thunderbirdはぼくも、もちろん使っていて、メールを一元管理出来て、時間の短縮にもメール忘れ防止にも繋がるので、愛用しています。

かつ、ぼくは自宅ではデスクトップパソコン、外ではもちろんノートパソコンを使っているので、Thunderbirdを同期したい。

そこで、Dropboxというオンラインストレージを使って、同期してみます。

ちなみに、ぼくが使っているPCは、デスクトップがWindows10 Pro、ノートPCがWindows 7 ultimateです。なので、MacやLinuxとはちょっと違うところもあると思います。

Thunderbirdのインストール

dsffsdfsdf
下記ページから、ご自身の環境(Windows、Mac,Linuxなど)を選んでダウンロードしてください。
■Thunderbirdをダウンロードする。

通常であれば、「無料ダウンロード」からダウンロードしましょう。

ぼくの場合は、英語化したかったので、「無料ダウンロード」の下にある、「システムと言語」から、 US EnglishのWindows版をダウンロードして使っています。

今回は日本語版で行ってみます。ダウンロードし終えたら、ダウンロードした「Thunderbird Setup xx.x.x.exe」をダブルクリックすると、セットアップ画面がでるので、「次へ」
dsfffdsf

セットアップオプションが出るので、標準インストールでOKです。Thunderbirdを既定のメールプログラムにするかどうかは、Outlookなどとの兼ね合いもあるので、チェックを決めてください。

たとえば、仕事用はOutlook、プライベート用はThunderbirdなんて使い方もOKです。
dsadas

インストールをクリックして、インストールします。
fasfdadsasdsa

セットアップが終われば、完了画面が出るので、「完了」をクリックしてThunderbirdを立ち上げましょう。
fdsafsfdsfds

自分のメールアカウントを入れてみる。

Thunderbirdを開いて、「ツール」→「アカウント設定」からでた画面左下、「アカウント操作」→「メールアカウントを追加」を選択していきます。
fsdfsdfsdfs fdsafsfsdfsdf

追加したいメールアカウントのお名前(Thunderbirdでメール送付時、相手にこの名前で届きます)、メールアドレス(今回はGmail)、パスワードを入力し、「続ける」をクリックすると、自動的に、受信サーバや送信サーバを見つけてくれ、IMAPかPOP3かも選択します。そして完了をクリック。
safsddfsdf sfgsdgdsfgfds

POP3はメールサーバからメールをパソコンに受信し、パソコン内に保存するもの。
IMAPは、メールサーバに保存されているメールをパソコンから見に行くもの。

という違いはありますが、IMAPでやった方が、万が一パソコン内で消しても戻しやすいので、ぼくはIMAPでやっています。

もし、サーバが見つからないなどがあれば、そのメールの提供者のページに行って、送信サーバ(SMTPサーバ)、受信サーバ(POP3またはIMAPまたはその両方)のアドレスや番号を確認してください。


さて、完了をクリックすると、認証画面が出るので、再度メールアドレスとパスワードを入力しましょう。
dsfssdfsdfdsfds

完成しました。
sdfsfsdfsd

これでひとまず終了です。コーヒーでも飲んで休憩しましょうw

Dropboxでデスクトップパソコンからもノートパソコンからも見れるようにする。

つまり、外出にノートパソコンを持って行く人や、自宅と会社同じメールソフトで見るとか、そういう場合ですね。

Dropboxのアカウントの作成とインストール

sdfsdfsdfsdfsd
下記のページへ移動し、お名前、メールアドレス(Googleが便利)、パスワードを入力し、規約を確認したらチェックを入れ、登録します。
■Dropboxの登録を行う。

また、このままではwebブラウザ(インターネットエクスプローラーとかクロームとか)でしか操作できないので、ソフトをダウンロードします。
■Dropboxをダウンロードする。

「DropboxInstaller.exe」がダウンロードされるので、ダブルクリックしてインストールします。

インストールが終わると、次の画面が出るので、先ほど登録したメールアドレスと、パスワードを入力し、ログインします。
fgdsiufisd

これで完成です。

Dropboxのフォルダをインストールされたドライブやフォルダ以外の場所に移動する

これは番外編です。ぼくは起動用にCドライブをSSD、DドライブをHDDにしているので、データはほとんどDドライブに入れています。

そんなデータは他のフォルダやドライブにしたいあなた向け。

ちなみに、USBメモリやUSBなどでつなぐ外付けHDDには使えない可能性が高いです。これはDropboxのポリシーに反するため、基本的に認められていません。

システムトレイまたはメニューバーにfdsdfsdアイコンがあるので、クリックすると明細っぽいのがでます。
gfdsgdgdfggfd

右上のdsfsdfsdfdsアイコンをクリックし、基本設定をクリックします。

「同期」→Dropboxフォルダ場所「移動」で任意のドライブやフォルダに変更が可能です。
fdsfsdfdsfsd

フォルダとコンテンツが新しく選択した場所に自動的に移動します。

Thunderbirdの中身をDropboxに全部入れてしまう。

前提条件として、
  • Dropboxの使用可能な容量に余裕があること(メールがいっぱい来ます)
最初は2GBまでなので、すんごい重たいファイルを送られてきたらサーバーのキャパオーバーになりますのでご注意くださいw

しかし、容量を少し増やす方法があります。
  • スタートガイドを完了させて250MBの容量をゲットする。
    ログインした状態で、オンラインでDropboxの基本情報を学ぶと250MB増やせます。
    ■スタートガイドを開始する。

また、友達に紹介して、使ってもらえれば500MB獲得できます。是非これを使ってみて良かったなーと思ったら紹介してあげてください。

このページも本家よりもわかりやすい取扱説明書を目指しているので、併せて紹介してくださると嬉しいです。

  1. abcdefgh.defaultをバックアップする。
    「abcdefgh」の部分はランダムなので、人によって変わります。
    • Windows7,8,10 : C:\User\<ユーザ名>\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\abcdefgh.default\
    • WIndowsXP以下 : C:\Documents and Settings\<ユーザ名>\Appplication Data\Thunderbird\Profiles\abcdefgh.default\
    にあります。見つからない場合は、
    • Windows10 : 表示→隠しファイルにチェックを入れる。
      yreytrydry
    • Windows7以下 : 「コントロールパネル」→「デスクトップのカスタマイズ」→「フォルダーオプション」→「表示」→「詳細設定」→[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する]でOK。

      これらをフォルダごと、全部どこか安全な場所にコピーしてバックアップしてください。

  2. いったん、Thunderbirdの同期を解除する
    Thunderbirdの「ツール」→「アカウント設定」から、追加したメールアドレス(複数あれば全部)の「同期とディスク領域」から「このアカウントのメッセージをこのコンピューターに保存する」のチェックを外す。
    fdsfdsfsdfds fsdfsdfdsfsd

  3. 検索データベースを削除する
    これは番外編にもなるのですが、Thunderbirdは当然メールデータなので使えば使うほど、作動が重くなります。それを回避するテクニック。

    「ツール」→「オプション」→「詳細」→「高度な設定」から、グローバル検索と索引データベースを有効にするのチェックを外す。
    dsgfh gdfsgfdhgfdg

  4. Thunderbirdの内容をDropboxに保管する。
    いよいよですー。
    • Windows7,8,10 : C:\User\<ユーザ名>\AppData\Roaming\Thunderbird\
    • WIndowsXP以下 : C:\Documents and Settings\<ユーザ名>\Appplication Data\Thunderbird\
    こちらの中にある、「profiles.ini」を開いてください。メモ帳か何かで開きます。

    このうち、「IsRelative=1」を「IsRelative=0」に、つまり「IsRelativeの1を0」に、Pathの部分を、Dropboxのフォルダの中に指定し、ご自身のabcdefgh.defaultを最後に入力します。
    syokichi henkou

    Dropboxフォルダ内に「abcdefgh.default」という意味不明なフォルダがイヤだな、って場合は、「Thunderbird」とか「メール」とかフォルダを作っても良いでしょう。

    profile.iniにabcdefgh.defaultの位置を知らせられればOKなので。

  5. Thunderbirdを再起動する。
    再起動するとメールの中身を最初から読み込みなおします。

    なので時間はメールの量が多いと比例して時間が掛かりますので、ブロードバンド環境推奨ですね。

  6. ホントは2.で解除した同期を元に戻す…んだけど
    Thunderbirdはデフォルトでサーバ上のメールを、すべて自動的に同期する設定です。

    なので、迷惑メールとか添付ファイルとかも含めて、大量にメールがある場合は、初回の同期だけで多くの時間を要しますので、時間があるときに、元に戻してください。

    なにかPCで作業とかYouTube見てるとか、長い時間パソコンをつけている時にやると良いと思います。

    ダウンロードのスピードもそんなに速いわけではないので、YouTubeとかの視聴に影響はないかな、と思います。

  7. 同期したい他のパソコンにも、上記のことをやる
    基本的にバックアップとって、「profiles.ini」を変更するだけなので、そこまで時間はかからないです。

    掛かるのは上述のメールをデータ全部拾い上げたいときくらいなもの。

    放置プレイしておけば終わってます。


以上です。おつかれさまでした。

あと、Dropboxはオンラインで同期するので、パソコンを切るときは、外出先・自宅問わず、Thunderbirdを閉じてから、Dropboxのアイコンにマウスを合わせると、「同期中」とかでるので、「すべてのファイルが最新です」と同期が完全に終わってからシャットダウンするようにしています。

PCをつけるときはその逆ですね。

それだけを気をつければ、異なるPCでもスムースに作業できることと思います。

自宅でも仕事でもカフェでもノマドでも、そういう生活を始めるのには良いアクションだと思いますよ。

無事に設定が終わればいいですね!


今日もほどほどツイッタラー