shodo_3234de37dce5a70234ea57dafa37daf9
トラリピ、設定変更しました!全部この記事でぼくの設定公開しちゃいます。

FXって難しそうなイメージありますけど、日本円でいうと、円高の時に買って、円安の時に売るっていうシンプルなもの。

その中でもトラリピは、
  • 設定しておけば24時間自動的に売買
  • 利益を得るスタンスとしては、
    • 為替差益で利益を得る。
      ※為替差益=キャピタルゲインとも呼ばれ、為替レートの変動で得られる利益のこと。
      たとえば、ドル円で、1ドル=120円でドルを買い、1ドル100円になって売れば、その差額である20円が利益。逆の1ドル120円になってドルを売り、1ドル100円になって買えば、これもまた差額である20円が利益。
    • スワップで利益を得る
      ※スワップ==インカムゲインとも呼ばれ、取引する2国間の金利差による収益のこと。
      通常、低金利の通貨を売って、高金利の通貨を購入すれば、スワップを受け取れ、高金利の通貨を売って、低金利の通貨を購入すれば、スワップを支払う仕組みです。
  • ざっくりいうと長期的視点で収益を得るスタイル
という優れモノ。

現に、こんな感じで本当に24時間自動で売買してくれます。ぼくはこの時間寝てました。こんな深夜早朝でもやってくれるなんて本当にありがたいです。
sdgsfdsfds

なので、市場や相場に一喜一憂することなく、淡々と資金を投入し、淡々と設定をし、パフォーマンスを時間があるときに見て必要があれば再設定するだけ。

自然と少しずつ収益を上げていこうというスタイルなので、リスクと作業が軽減されるので、超ラクです。
■トラリピを始める。


というわけでさっそく始めましたよ。入会方法は下記の記事に細かく記載しているので併せて見てみてください。
■関連記事 - 設定自動売買の「トラリピ」を実際に申し込んでみた。登録方法をまとめるよ。

設定を公開します。

市場を把握するために、ドルストレートと呼ばれる、米ドルが絡んだ通貨ペアであることと、クロス円での設定にしてみました。

今のぼくの設定です。
fdsfsdfsdfsdfsdfsd

オーストラリアドル/円と、ニュージーランドドル/米ドルで設定してみました。

たとえば、オーストラリアドル/円で、過去の10年のチャートを見てみます。
sdfdsfsdfsd
■Yahooファイナンス オーストラリア ドル / 日本 円(10年)

10年前は60円程度や105円もありましたが、今はそうでもなさそう。このくらいまで行く可能性があるリスクは頭に入れておいたほうがよさそうです。

過去5年のチャートを見てみます。
nohgd
■Yahooファイナンス オーストラリア ドル / 日本 円(5年)

1時期だけ100円を超えている時があったものの。おおむね75円~100円の間で推移しています。ただ、最近では減少傾向にあるのと、だいたい85円あたりを行ったりきたりしているので、独断で85円を中心値にして、70円~85円を買いに。85円~100円を売りにすることにしました。

ニュージーランドドル / 米ドルも考え方は同じです。過去のレートから独断で中心値を0.70ドルにして、0.60~0.70ドルを買いに、0.70~0.80ドルを売りにと想定しています。

レート幅を狭くしすぎるとロスカットして自爆するのでやめなきゃいけないというのもまた、念頭に置いた上での決断です。

ちなみにこういった仕掛け方をするのを、「ハーフ&ハーフ」と呼ぶそうです。要は中心値を決めてて、売りと買いを半々に仕掛けることで、売買のレートの幅を広げることができるわけですね。


今回通貨を2通貨にしたのは、相対的なリスク管理です。

クロス円とドルストレートを選んでいるので、バランスをとったという言い方が正解かな。


現状の収益公開!

fdsfsdfdsfsdf

こんな感じですね。中途半端ですが290,000円入金してあるので、3926円が今のところ現金の収益、時価としては5,334円が増えているといった感じです。

維持率が2321%なのですが、長期投資では1000%以上が目安とされているので、もう少しリスクを仕掛けてあげてもいいのかなとも思っています。

レバレッジは1.08倍なので、少なめです。比較的リスクを避けたいタイプなので、このくらいでちょうどいいです。


わからない言葉が出てきたらこちらの記事にまとめていくので、参照してみてください。
■関連記事 - トラリピを使う前に、用語から売買の仕組みまでをまとめたよ。

使ってみた感想

最初は覚えることが多かったり、頭を使うかもしれませんが、あとは基本的にメンテナンスですので、チャートを適宜チェックしたりだとか、ニュースアプリとかで市場を確認するくらいですね。

市場を確認するのはいそがしいビジネスパーソンでも必須条件。通勤時間とかでササっとできることですし、ビジネスをする上では営業でもエンジニアでも事務でも必須条件です。

ついで感覚で勉強してみると、話が早かったり、「コイツ、ちゃんとチェックしてるな」なんて思われるので良いことだらけです。

「俺はあと2か月で2000万稼がなきゃいけないんだ!」とか短期的な人にはぼくのブログは向かないですが、トラリピでも可能と言えば可能。運営会社のマネースクエア社は推奨してないけど。

今のところこんな設定と結果なので好調?と訊かれれば好調だと思っています。

トラリピは、設定すればあとは機械的に売買してくれるので本当にラクチンです。こんな声もあるくらい。
fdsfdfs

なので、ぼくはロボアドバイザーによる投資、インデックス投資、FX投資の3本柱で資産運用を今後もしていくつもりです。全部ほったらかしw


というわけで、ぼくがトラリピでFXに挑戦しているんですけど、よくよく見たら自動売買なので忙しいビジネスパーソンでも設定しておけば24時間自動売買できること、そうしたうえでの現状の設定と現状の結果のお話でした。
■トラリピを始める。


人気記事セレクション

  1. 【20代~30代の資産運用】積立投資が、おすすめの理由。コツコツ投資、ほったらかし投資を今すぐ始めよう。
  2. SuicaのクレジットカードといえばビックカメラSuicaカードしか選択肢にないよ。
  3. 【資産運用】楽天ポイントで投資。楽天証券のついでに楽天銀行の口座開設でキャッシュバックを受けよう。
  4. 「結婚はまだなの?」「彼氏(女)いないの?」安心して始める20代~30代の本気の婚活サイトまとめ。
  5. 新生銀行のATM出金手数料が値上げになったので、投資信託の積立で無料にしたよ。