shodo_3234de37dce5a70234ea57dafa37daf9
FXって難しそうなイメージあるけど、日本でいうと、円高の時に買って、円安の時に売るっていうシンプルなもの。

その中でもトラリピは、
  • 設定しておけば24時間自動的に売買
  • 利益を得るスタンスとしては、
    • 為替差益で利益を得る
    • スワップで利益を得る
  • ざっくりいうと長期的視点で収益を得るスタイル
※為替差益=キャピタルゲインとも呼ばれ、為替レートの変動で得られる利益のこと。
たとえば、ドル円で、1ドル=120円でドルを買い、1ドル100円になって売れば、その差額である20円が利益。逆の1ドル120円になってドルを売り、1ドル100円になって買えば、これもまた差額である20円が利益。
※スワップ=インカムゲインとも呼ばれ、取引する2国間の金利差による収益のこと。
通常、低金利の通貨を売って、高金利の通貨を購入すれば、スワップを受け取れ、高金利の通貨を売って、低金利の通貨を購入すれば、スワップを支払う仕組み。


という優れモノ。

現に、こんな感じで本当に24時間自動で売買してくれます。ぼくはこの時間寝てました。こんな深夜早朝でもやってくれるなんて本当にありがたいと思いませんか?
sdgsfdsfds

なので、市場や相場に一喜一憂することなく、淡々と資金を投入し、淡々と設定をし、パフォーマンスを時間があるときに見て必要があれば再設定するだけ。

自然と少しずつ収益を上げていこうというスタイルなので、リスクと作業が軽減されるので、超ラクです。
■トラリピを始める。

入会方法は下記の記事に細かく記載しているので併せて見てみてください。
■関連記事 - 設定自動売買の「トラリピ」を実際に申し込んでみた。登録方法をまとめるよ。

ぼくの現在の運用結果を公開!

fdsfsdf
元本 現金残高 時価残高 評価損益率 維持率
2018年12月 ¥500,000 ¥514,440 ¥445,527 2.90% 473%
2018年11月 ¥300,000 ¥308,175 - 2.73% 1,830%

ちなみに、10月~11月上旬までは様子見で米ドル(USD/JPY)を行っていましたが、ドルストレートと呼ばれる、米ドルが絡んだ通貨ペアであることと、クロス円での設定にしてみました。豪ドル円(以下AUD/JPY)と、ニュージーランドドル/米ドル(以下NZD/USD)に変更してみました。

それまでは大変素晴らしい決断だったなと自画自賛していたのですが、調子に乗った設定だったんでしょう。AUD/JPYもNZD/USDも大量に買いを入れてしまいまして、証拠金が足りなくなりそうな事態に発展w

結果として、今の設定は何も入れてません。理由としては、
  • AUD/JPY、NZD/USD共に、値上がりの兆しがこの1か月ではなさそうなところ
  • レートが変動して売買されると、証拠金が増えるため、維持率が100%に近くなり、ロスカットする危険性があること
ロスカットされたら全額溶かすことになりますからね…w

詳しい話はこちらの記事にまとめましたのでご覧頂ければと思います。
■関連記事 - トラリピの設定で大失敗!あやうく大損するところでした。維持率の安全圏1000%を目指して再設定。実際にメンテナンスして調整してみた。

どうぞ失敗談で笑ってやってくださいwぼくとしては、むしろこの失敗で、こんな危険性があるんだって理解してくれる方がいればそれで嬉しいです。ぼくはひたすら価格が戻るのを待つのみなので。

では実際、通貨別売買ではどうだったかというと、
AUD/JPY
月間取引損益
NZD/USD
月間取引損益
月間取引損益計
2018年12月 4,104 2,203 6,307
2018年11月 1,800 2,035 3,835

かなり取引が多かったので、こうして収益化できた設定はやはり褒めるべきだと思いませんか?50万に対して1%以上は得ているわけですから。

もちろん、証拠金必要額という取引で売買のうち、新規で売りまたは買いをした場合はその分、通貨の保持分があるので、含み損を抱えた形にはなるのですが。

また、維持率は長期投資ではだいたい1000%程度が良いと言われています。短期は知りません。そんなリスク背負いたくないですから。って調子乗ったじゃんね。

これをまた糧にしてレートが落ち着いて戻ってきたら、少しずつまた設定を変えたり、残った設定を売るなどして、落ち着かせたいと考えています。

というわけでぼくみたいに無理な設定をしなければ、簡単に始められます。11月は本当に何も無理していない結果なので、そういうところを突いて行ければ本当にカンタンで、月に1度くらい為替レートの推移を見てメンテナンスをするくらいです。

ぼくの失敗が難しそうに見せてしまっているかもしれませんが、ぼくが設定した11月初期の頃のようにしておけば、安心していられると思いますよ。
fdsfsdfsdfsdfsdfsd

そういう意味で、リスクをあまりとらず、失敗談経験を肝に銘じて設定すれば、何も難しいことは本当にないので、おすすめですよ。本当に。ウソっぽく聞こえたとしても、それはぼくが無茶したのが悪いだけです。
■トラリピで長期投資FXを始めてみる。


ちなみにトラリピの手数料はゼロです。
fdsfsdfsdfsdfsdfsd

対象はトレードログインした時の左側メニューバーにあるイエローの「らくトラ」「トラリピ」での取引のみ。ぼくもそれで設定しています。
fdsfsfdssg

運用してみた感想

  • 長期投資なので、一喜一憂しないこと。マイナスが出る日があるのは当たり前。そんなにチェックする必要はない。
  • 50万円と比較的FXからしてみれば少額なので、毎日決済されるわけではない。されたらラッキー程度に思っておくこと。
  • 余裕資金の上の余裕資金でやる方がリスク的にもおすすめ。ぼくも基本的にはインデックス投資がベースにあって、その上にトラリピしてます。
  • 格安SIMなどに切り替えるなど固定費の見直しをすることで、節約して余裕資金を増やすことが重要。
    ■関連記事 - 【節約】格安SIMを超比較した結果のおすすめはmineo!デメリットも含めて紹介するよ。
おそらくこのくらいかと思います。毎日為替を見ていないで、放置プレイしておいたらいつの間にか利益が出ていたっていうスタンスが一番いいと思います。

というわけでFXにチャレンジしたいけど、博打っぽくて怖いな…ってぼくも思ってたんですが、意外と失敗談以外は放置で生きていってますw
■トラリピを始める。

というわけでトラリピで自動売買FXのリスク、元本割れも含めた2018年12月分の運用実績の公開というお話でした。