shodo_3234de37dce5a70234ea57dafa37daf9
FXって難しいイメージだけど、自動売買してくれるので、お金が働いてくれるとってもラクチンな「トラリピ」。その中で、ぼく、設定失敗しちゃったんですよw

リスク分散のために「豪ドル/円」「NZドル/米ドル」を設定していたのですが、やりすぎましたw
  • トラリピ設定を入れすぎたので、買いがどんどん進んだので、売りのタイミングが来るのを待っていた
  • 豪ドル/NZドル高が進んだため、買いばかりが注文され、売りが発生しなかった。
  • 結果、維持率が異常に低くなり、ロスカットの危険性が増した。

トラリピ設定を、結果的に入れすぎてしまった問題。

実際、資金も少し追加し、こんな感じでトラリピ設定を組んでいたんですよね。
vzdfzfZSfS

もしかしたら、これだけで、「やりすぎだろ…。」って思う方もいらっしゃるかもしれませんがw

設定当時は1200%程度の維持率だったし、証拠金必要額も全額満たしていたので、申し分ないだろうと思っていました。

ただ、もちろん市場は、波があるので、この設定だと、買うときは一気に買う、売るときは一気に売るっていう感じで思っていたんです。

ロスカットを避けるために、維持率も良いし、証拠金も十分だし、ロスカットは大丈夫だろうともくろんでいました。

ちなみに維持率の計算方法は、

維持率 = 時価残高 ÷ 証拠金必要額(内ポジション分) × 100

です。

結果的に、買いが進行したため、証拠金必要額がどんどん必要になった

またそのおかげで、間隔が狭いためどんどん「買い」が進行したんですね。一例をあげるとこんな感じ。
fsdfsfsdfds

メチャクチャ買ってるでしょw

これはこれでいいんですが、トラリピをチェックしている中で、維持率がどんどん下がっていることに気づきました。
fsdfdsaqf

これは少し修正した後の結果なのでいいのですが、一時は400%台に入った時もあり、おかしいな、やべぇな、と思ったんです。維持率が100%を切るとロスカットですから、やべぇな、ということで、もう一度維持率を確認してみました。

維持率 = 時価残高 ÷ 証拠金必要額(内ポジション分) × 100

この「ポジション分」を理解できていなかったのが始まりでした。自分で電卓をたたいて計算してみます。

「ポジション分」はトラリピのトレードログインから「通貨ペア集計取引状況」でわかります。
fdsfdsffffdsa

  • 豪ドル/円 : 表記通り日本円計算なので、26,298円
  • NZドル/米ドル : 米ドル計算なので、1ドル113.38円として384.93ドル×113.38 ≒ 43,643円
合計すると、およそ69,941円です。

ここから維持率の計算式に当てはめてみると、

維持率 = 時価残高(493,770) ÷ 証拠金必要額内ポジション分(69,941) × 100

計算すると、705.98%となります。つまり、売買のうち、「買い」「売り」どちらかの指値新規が入ると、維持率は下がります。

もう少し分解してみます。ぼくは買いも売りも1000通貨単位で行っていますから、1つの新規売買あたり、どれだけのポジション分証拠金必要額が当てはまるか見てみると、

  • 豪ドル/円 : 26,298円 ÷ 8000通貨(8取引) ≒ 3.28円
    → 1取引当たりおよそ3,300円のポジション証拠金
  • NZドル/米ドル(1ドル113.38円で計算) : 384.93ドル × 円換算113.38 ÷ 14000通貨(14取引) ≒ 3.11円
    → 1取引当たりおよそ3,200円のポジション証拠金
つまり1度取引すると、売りの時を考慮して余裕を見ても豪ドル/円、NZドル/米ドル3,500円~4,000円程度は、ポジション証拠金として奪われてしまい、結果維持率が下がってしまいます。

正確に言うと、ポジション分証拠金は、

証拠金必要額(内ポジション分) = 取得価格×取引金額×証拠金率

で決まります。なので、1ドル113.38円で計算し、0.6800買いをしたとすると、NZドル/米ドルで考えると、

113.38 × 0.68 × 1000(通貨) × 4%(証拠金率) = 3,083円

豪ドル/円でも同様に計算すると82.00買いをしたとしたら、

82 × 1000(通貨) × 4%(証拠金率) = 3,280円

となります。

維持率が取引で下がること自体は、リスクとして余裕を見て資金を入れておけば問題ないのですが、500%台に入ってくると、明らかに長期投資にはなりません。短期でチラチラ設定を変えては調整する必要性が出てきます。

結果的にロスカットの危険性が増した。

ロスカットを回避するためには、維持率を100%以上にする必要があります。
fdsfdsfsdfdsfsdfsdfsd


ぼくのこのままの設定では、買いだけが進行し、ロスカットの恐れがあります。

ロスカットを防ぐには、トラリピのポジションの見直しか、現金を入金して口座内に余裕を持たせることしかありません。

というわけでどうしたらいいか対策した。

やったことはただ3つです。
  • 40万円だった資金を、10万円入金し、50万円にした。
    → 結果、400%台だった維持率が500%台になりました。これで少しは売りも買いも入って大丈夫。

  • 買いが多いNZドルをトラリピ管理表から取り消した。
    → 結果、これでNZドルの売買は行われません。ただし、すでに設定して新規買いまたは新規売りが発生しているものはそのまま残っています。
    fddshrfhwr
    これらは、買ったNZドル/米ドルの評価損益が良くなったころに決済するつもりです。

  • 豪ドル/円は、同じ範囲でハーフ&ハーフで35本ずつに変更しました。
    → 実際に変更したのはこんな感じ。
    fdsffdsfdsfsdfds

    こちらもすでに新規買いしたものの設定は残ってしまいますが、状況を見てNZドル/米ドルと同じ対応を取ります。

    その上で、35×3500円=122,500円なら、設定して残ってしまっている豪ドル/円とNZドル/米ドルの状況を見ていきながらやれば、最終的にはポジション証拠金も、取引の証拠金必要額もオーバーはしないので、700%~1500%の間で推移できるんじゃないかという目論見です。

まぁ、資金増やせばどうってことないんですけど、そういうわけにも簡単にはいかないですし、きっとそういう方も多いと思うのでシェアしたくなった次第です。

ただもちろん、情勢に応じてまた設定を変えることがあるとは思うので、その時はシェアしたいと思っています。

というわけでまとめると

今のぼくの状況はこんな感じです。前述の通り買いが進行しまくっているため、評価損益ではマイナスです。当然。
dsaggda

あとは様子を見ていくって感じですね。

なので、ちょっと他の通貨はわかりませんが、為替市場的に、あるいはトラリピ設定的にみると、1000通貨で3,500円~4,000円の証拠金必要額(内ポジション分)が奪われます。なので、ぼくのように長期投資のつもりで設定する際には、

維持率(1000%程度が望ましい)
= 時価残高(入金額) ÷ 証拠金必要額(3,500~4,000円×新規買い新規売り本数) × 100
   ※ハーフ&ハーフの場合は新規買い新規売り合計の半分。

このあたりで本数の設定をすると安全圏の中で運用できますね。


トラリピ、無謀なことをしなければ自動売買でラクチンだよ!

と、ぼくが悪いのですがかなりリスクを負ってしまいました。でも、こういう無謀なことをしなければ、安心して資産を増やすことができます。

現に無謀な設定をする前は月2%程度稼いでくれていましたので。
■関連記事 - トラリピで自動売買FXによる長期投資の運用実績。2018年11月分を公開するよ。

なので、こうしたらどうなるかなっていうのは、ぼくみたいなアホな人に任せるか、無理のない範囲でやることにして、放置プレイが一番よろしいかと思います。


この記事では失敗談を記載していますが、本当に無理のない設定をしておけば、ぼくの10月11月のように、安心して収益を狙えるので、初心者でもおすすめです。

過去のチャートからレンジを決めて、上述の式で計算すれば、余裕綽々の運用ができますから、安心してFXの自動売買の資産運用を始めて頂ければ嬉しいなぁと思います。

質問とかはTwitterとかで頂ければ回答しますし、関連記事でトラリピを始める前の準備するものを記載しています。これは成功談なので安心してくださいw
■関連記事 - トラリピを使う前に、用語から売買の仕組みまで、勉強したこと、覚えたこと、などをまとめたよ。

というわけで今回の件は、悪いのは為替市場でもトラリピでもなく、ぼくが実験的に仕掛けてみたトラリピ設定なので、こういうことにも注意しながら失敗しないようにやろうって思って頂ければ幸いですね。
■マネースクエア社のトラリピを始める。

ちなみにトラリピの手数料はゼロです。
fdsfsdfsdfsdfsdfsd

対象はトレードログインした時の左側メニューバーにあるイエローの「らくトラ」「トラリピ」での取引のみ。ぼくもそれで設定しています。
fdsfsfdssg

手数料無料なのはとってもおトクなので、落ち着いて淡々とやればどうってことないので、お金に収益を得させるトラリピは是非とも使いたいアイテムですね。
■マネースクエア社のトラリピを始める。



というわけで、トラリピの設定で大失敗して、あやうく大損するところをリアルに書いてみました。維持率の安全1000%を目指して設定するといいですよ、というお話でした。あはは。