shodo_3d96a1e2abb267085cc73bce227e0b5e
楽天カード、1500万人もの保有者がいるとのことですが、お持ちですか?

えぇ!まだ持ってないんですか?それなら今すぐ持つべき。
■楽天カードに申込む。

今の楽天にはメリットしかないので、損することは絶対にありませんよ。
  • JCSI(日本版顧客満足度指数)調査にて、10年連続顧客満足度1位!
  • カードを利用したら、登録メールアドレス宛に通知される!万が一の補償も受けられます
  • 楽天市場・楽天ブックスで5と0のつく日は楽天カード払いでポイント5倍!
  • 楽天で買い物しつつ、街の買い物もポイントが1.5~2倍に!

JCSI(日本版顧客満足度指数)調査にて、10年連続顧客満足度1位!

JCSIは日本版顧客満足度指数の略称。このJCSIとは
サービス産業の生産性をはかるうえで重要である「顧客満足」を数値化・可視化し、企業や業種の成長に資する情報として用いることを目的に調査を行っています。

本調査は、統計的な収集方法による年間総計12万人以上の利用者からの回答をもとに、日本の幅広い産業をカバーした日本最大級の顧客満足度調査です。


なんと2018年度まで10年連続クレジットカード業種第1位を獲得しています。


言うてしまえば、あなたがお持ちのクレジットカードを抑えて、楽天カードが10年連続満足度1位なので、使い勝手やサービスが充実しているかがよくわかる結果ではないでしょうか?
■楽天カードに申込む。

カードを利用したら、登録メールアドレス宛に通知!万が一の補償も!

これ、地味に便利ですよね。不正対策の観点からしても。要らない場合はメール登録を消せばいいだけ。

楽天カードを利用すると、こんな感じで速報版のメール、購入後利用確定のメールが来るんです。
fsddfsdfdsfds

使ってて安心感がありますよね。だって不必要な支払いを未然に防ぐことができるんですから。これでちゃんと補償もついているので、とっても安心して使えます。

補償は、届出を行ってから60日間さかのぼり、規定に沿った金額を負担してもらえるようになっています。

安心して使うことができますよね。

さらに言えば、マネーツリーという家計簿アプリを使って楽天カードを登録すれば、その日に今までの利用を確認できるので、未然に防ぐこともできます。
■関連記事 - 家計簿アプリは「マネーツリー」!銀行・クレカ・電子マネー・ポイント・証券から、支出内訳など、お金の流れを一括で管理できるよ。

楽天市場楽天ブックスで5と0のつく日は楽天カード払いでポイント5倍!

毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日はエントリーして楽天カード払いすればポイント5倍の日です。
fgfg]

楽天カードは100円につき、楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。1ポイントは1円相当として使えます。

これが5倍なので、100円の購入で5ポイント付与されるというとってもおトクなキャンペーンなのです。

これが不定期的に開催される「お買い物マラソンでポイント最大43倍キャンペーン」や、「楽天スーパーSALE」にも適用されるので、他のキャンペーンなどお構いなし。

とにかく超人気商品以外でしたら5か0のつく日に購入して、ザックザクにポイントを貯める逃してはいけないチャンスなのです。
■楽天カードに申込む。

楽天で買い物しつつ、街の買い物もポイントが1.5~2倍に!

楽天市場で買い物をしたなら、街での買い物も是非とも楽天カードを使うべき。

理由はカンタンで、ポイントが1.5~2倍つくから。
fdsfsdfd

楽天カードはコンビニでもスーパーでもガソリンスタンドでもどこに行っても100円につき1ポイント貯まるのがベースなのですが、キャンペーンにエントリーすれば前述のようにポイント付与率が増加します。
■楽天市場をご利用で、街でのご利用分ポイントが最大2倍!にエントリーする。

毎月開催しているので、毎月エントリーが必要ですが、おトクでしかありません。

たとえば毎月の電気代6,000円、水道代2,000円、ガス代3,000円、スマホ代6,000円、ネット代3,000円を楽天カード引き落としにしていたとします。合計で20,000円です。

  • エントリーせず、楽天カード支払い
    →1%還元なので、20,000×1%=200楽天ポイントゲット
  • エントリーして、楽天市場で15,000円以上使った月の楽天カード支払い
    →1.5%還元なので、20000×1.5%=300楽天ポイントゲット
  • エントリーして、楽天市場で40,000円以上使った月の楽天カード支払い
    →2%還元なので、20000×2%=400楽天ポイントゲット
と、どれだけ楽天市場や楽天ブックスを使うかは人それぞれですが、毎月の固定費20,000円の場合、エントリーするだけで最大年間2,400ポイント多くもらうことができるんですよね。

これってメチャクチャ大きくないですか?
■楽天カードに申込む。


クレジットカード投資・楽天ポイント投資もできるよ!

楽天証券に口座を開設し、楽天カードを所持していれば、積立投資信託やつみたてNISAにも対応した支払いを楽天カードで行うことができます。

つまり、
  • Aという投資信託を月5万円(上限)分、楽天カードで積立購入する
  • 楽天ポイントが500ポイント付く
  • 500ポイント分は、楽天の利用で使うこともできるけど、投資信託のポイント購入もできる
  • 投資信託の信託報酬(=ランニングコスト)が1%下がる
  • 再度Aという投資信託を月5万円分、楽天カードで積立購入する
  • 以下ループ。
というとんでもなくすごいことになってますw
■楽天カードに申込む。

詳細については下記の記事にまとめていますので、資産形成に楽天カードを用いない手はないですね。他のやり方が損に見えてきます。
■関連記事 - パンダフル!!楽天証券の投信積立資金を、楽天カードで払える!楽天ポイントが貯まる!実際に設定してみた。

ちょっとしたデメリットもあるよ

  • ETCカードの年会費は有料(500円+税)
  • 利用明細書の郵送は有料(月76円+税=年1,000円くらい)
ETCカードの年会費は実は無料にすることができます。それはダイヤモンド会員になること。

条件は、
  • 過去6か月の獲得ポイントが4,000ポイント以上
    → 5と0のつく日に買い物するだけで8万円支払いでOK
  • 過去6か月の獲得回数30回以上
    → 楽天カードの支払いで6回。残りの24回は楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルなどの申し込みや、楽天ペイや楽天ポイントカードでポイントを貯める、楽天銀行との併用など可能です。
  • 楽天カード保有
    → 今から作ればOK。
    ■楽天カードに申込む。
ちょっと難しいかな?と思うかもしれません。ですが、ぼくはどちらかというと楽天よりかはYahoo!ショッピング派なのですが、それでもダイヤモンド会員なので、敷居の低さを実感しています。

まずは数か月トライしてみてダイヤモンド会員になれるかチェックするのもいいと思いますよ。


利用明細書についても、先ほどのアプリ「マネーツリー」ですとか、web明細でチェック、利用した際のカード利用メールなどでチェックすればOK。何ひとつ問題はありません。


楽天カード、年会費無料のくせして、便利。最強。
■楽天カードに申込む。


というわけで、年会費無料の普段使い最強のクレジットカード、楽天カードは所持の価値あり!メリットデメリットを含めて、最強の理由と共におすすめしますよ、というお話でした。