shodo_c18278ba2f9c3fc8a30115dc5bc623f6
医療費って何かとかかりますよね?ぼくは単身世帯なのですがうつ病の診察・トレーニングなどであっさりと2018年は10万以上掛かりました。全部で25万くらいでしたね。

その中でとりわけ交通費って結構大きかったんです。明細はこちら。
dfsfsfs

全部で5万くらい。病気で身体が動かない日々も続いたりして、タクシー代が特に大きかったです。

これらって、医療費控除の計算に含んでいいんですよ実は。

日々の医療費はExcelでまとめよう

国税庁はちゃんと医療費の集計フォームというものをExcel形式でリリースしていて、これを使うとe-Tax提出の際に、このファイルを読み込むだけで医療費控除の金額を全部読み込んでくれるというスグレモノ。
■医療費集計フォームをダウンロードする。

というわけで、これに日々使ったら交通費を入力していけばいいんですね。

注意したいのは、3つ。

  • 鉄道は路線名じゃなくて、会社名で病院薬局などの名称を記載すること
    例)京浜東北線で横浜⇔鶴見を利用した場合
      ×京浜東北線
      ○東日本旅客鉄道
  • 費用はすべて合算して記載する方が望ましいこと
    例)京浜東北線で横浜⇔鶴見を30回利用した場合
      東日本旅客鉄道 金額4,950円(165円×30回)
  • 医療費の区分は「その他の医療費」にすること
これらが基本となります。費用は合算しなくてもOKですが、Excelの列がとんでもないことになる場合がありますよ。

これらはタクシーでもバスでも同じです。横浜市営バスを使ったら、「横浜市交通局 市営バス」が正式な名称。タクシーも「タクシー」と記載するのではなく、「○×交通株式会社」と記載するのが正しい方法です。

というわけで、病院や医院で使った医療費を確定申告で医療費控除を適用する上で、交通費も医療費に含んでOK。電車、バス、タクシーなどの利用は医療費に含まれるよ。というお話でした。