shodo_e1317daba426718562f43b45654eb51e
エクスプレス予約って本当に便利!もちろんデメリットもあるんですけど、年に2回くらい新幹線乗るなら、間違いなく持ってて良いシステムです。

年会費は税抜1,000円とかかりますが、指定席を自由席の値段(-520円)で乗れてしまうので、往復するだけでモトが取れてしまいます。

加えて、JRの指定席やグリーン車は乗車日の1か月前からしか発券できないのですが、1か月と1週間前から1か月の当日9:30までの7日間で行える「事前申込サービス」というものができるんです。

これは地味に便利なんでご紹介したいと思います。

事前申込サービスとは

要は、乗車日の1か月前の朝10時から、発券がスタートするんですが、事前に申し込みしておくことによって、発券スタートと同時に予約を優先的に入れてくれるんです。

たとえば、4/26に乗車する場合は、受付期間が3/19 5:30~3/26 9:30。発売開始が3/26 10:00になります。そこでシステムが自動的に席を割り当ててくれるんですよね。

事前申し込み時は、窓側や通路側の座席位置を指定できるのと、のぞみ1号、のぞみ291号のように、第2希望まで列車を指定できます。

ゴールデンウイークやお盆休み、年末年始などは、予約が混雑するので、特に座席位置は指定しない方が予約は取れやすくなりはしますね。

一応、事前申し込みの受付件数はシステムの都合上、限りがあります。受付数は公表されていませんが、一定数を超えてしまった時点で申込サービスの受付は終了してしまうので、早めにやった方が吉ですね。

ただ言えるのは、この発券開始の10時以降、順番にシステムが予約を割り当てて、その予約の結果をメールで知らせてくれるので、「あぁ、無事に予約できたな」とか「予約できなかったので次の列車を確認しよう」など、アラートメールにも使えます。結構便利ですよ。

エクスプレス予約への入会~モバイルSuicaが便利でおトクです。

エクスプレス予約の詳細についてはこちらの記事で言及しています。
■関連記事 - 東京~博多の東海道・山陽新幹線のエクスプレス予約は、スマホで複数人でも、席指定も、間違えても予約し直せるし、手軽だから持っておきたいアイテム。

ここでは、モバイルSuicaまたはApple Pay Suicaにエクスプレス予約を紐づけるものとして説明しますね。

まずはビックカメラSuicaカードに申込んでください。
■ビックカメラSuicaカードに申込む。

カードが手元に届いたら、モバイルSuicaまたはApple Payに紐づけましょう。

Suica管理から登録クレジットカードに、届いたビックカメラSuicaカードの番号と有効期限を入力して紐づけます。
rtesdfsdfsd

次に、同じSuica管理から、ビューエクスプレス特約→ビューエクスプレス特約申込で暗証番号を入力すればOKです。
dsbuhfgsdfsd dsgsfsdfds

2週間程度で、下記のようなカードが届きます。
dsfsfsdf

Apple PayまたはモバイルSuicaアプリに戻って、Suica管理から「エクスプレス予約」を選択し、同意します。
sdfsfsfsdf fsdfsfsdfsdfsd

「モバイルSuicaから初めてエクスプレス予約にアクセスされた方はこちら」を選択します。
fsdfdsfsd

以降、登録メールアドレスの入力、会員登録メール受信、登録メール内URLからクレカ番号等を入力、会員規約の同意で、登録完了となります。

エクスプレス予約会員証カード到着まで時間が掛かりますが、スマホ内ではやることはそんなになく、サクッと登録できます。

入会後、使用するにあたってはアプリもあって見やすくて便利なので、そのままダウンロードして使いましょう。

EXアプリ

EXアプリ

Central Japan Railway Company無料posted withアプリーチ


事前予約方法

今回は4/26 朝6:00頃発で東京→新大阪に行くとします。

アプリを起動し、ログインしてください。予約画面が出るので、乗車日をタップします。
S__22675462

日付が出るので、「事前申込」をタップします。
S__22675463

日付を選択します。今回は4月26日にしてみました。
S__22675464

その他、区間や人数、時間などを選択し、検索します。
S__22675465

事前申込による注意事項が表示されるので、よく読んで確認し、「事前申込を続ける」をタップします。
S__22675466

列車一覧が表示されるので、第1希望の列車を選択します。
S__22675467

続いて同様に列車一覧が表示されるので、第2希望の列車を選択します。
S__22675468

普通車やグリーン車、座席の希望など、商品を選択していきます。
S__22675469

最後に確認画面が表示されるので、「この内容で事前申込する」をタップすれば完了です。
S__22675470

やることはたったこれだけ。あとは乗車日1か月前の午前10時を待つだけです。

万が一ちょっとこんな感じの席はヤだな…なんて思ったら、早得をのぞく商品は発車前まで何度でも変更が可能なので、窓側を通路側に変更したり、他の車両の方が空いていて静かそうだからと変えたり、なんてこともOKです。

ただ、先ほどもあったようにゴールデンウイークやお盆休み、年末年始は予約が殺到するので、ある程度の妥協も必要だと思います。

でも、こうやって乗車日の1か月前の朝10時に自動的に予約してくれるって嬉しいサービスじゃありませんか?当日、10時までそわそわして、そこから一気に予約したり…そんなの忙しいビジネスパーソンのなせる技じゃないですw

だからこそ、こうして使えるものは使っていきたいですね。


というわけで、東海道・山陽新幹線の予約は1か月前の10時から。ゴールデンウイークやお盆休み、年末年始の新幹線予約を取りたいけど、10時に時間が空いていない!そんな時は事前申込サービスが便利ですよというお話でした。