shodo_634ca1f9b970b88a50730a74c03f4edd

というわけで貯蓄するために口座を検討している方におすすめ。イオンカードセレクトです。

近くにイオンがなくても、イオンにわざわざ買い物しにいかなくても、余裕資金を作るための口座としてイオン銀行+イオンカードセレクトは、かなり使える是非持ちたい一枚。

ぼくだって、持ってますけど、使ってません。家の奥底に眠っています。完全に緊急時か余裕資金積立用。

■イオン銀行の口座とイオンカードセレクトに申し込む。
※お申込み欄でイオンカードセレクトを選択しましょう。すぐ下に異なるカードがあります。注意してください。

イオンカードセレクトは三位一体のキャッシュ電子マネークレジットカード

イオンカードセレクトは、キャッシュカード、クレジットカード(イオンカード)、電子マネー (WAON)の機能・特典が一体になったカードです。

おトクな預金金利や、WAONオートチャージでも電子マネーWAONポイントがもらえ、カードローン機能も追加できます。

ディズニーが好きな方はディズニーデザインのカードもあります。ちなみにぼくはミッキーの中に入ってみたい。ゴホンゴホン。いや、なんでもない。
card-057

イオンカードやイオン銀行キャッシュカードをお持ちの方でも、イオンカードセレクトへの切替ができますので、安心して申し込んでください。

もちろん年会費無料なので、1円もカード決済しなくてOKです。

■イオン銀行の口座とイオンカードセレクトに申し込む。
※お申込み欄でイオンカードセレクトを選択しましょう。すぐ下に異なるカードがあります。注意してください。

イオン銀行なら預金金利が100倍。定期金利の10倍。

イオンカードセレクトを持つことで、自動的にイオン銀行の口座を持つことができます。

もちろん、イオン銀行をお持ちの方は、イオンカードセレクト入会時に、口座持ってる?って聞かれるので安心してください。二重持ちにはなりません。

ATMも全国の6,000台以上あるイオン銀行ATMで出し入れするのみ。MINI STOPでもOK。入出金手数料無料です。
nsdjknvgkdfsdn
また、みずほ、ゆうちょ、三菱UFJ銀行でも時間の制限はありますが入出金手数料無料です。

fsdfhsudighsdghi

なので、緊急を要する場合は、意外と見つからないけど探せばあるイオン銀行ATMに行けば、OK。

ぼくもたまーにイオンに行きますが、未だATMを見つけたことがなくて、少し困りもします。イオン広いんだもん。

でもどうです?少しだけ敷居が高いと思いませんか?ぼくは思います。それがいいんですよ。余裕資金を作る前の貯金には。

ということで、イオンカードセレクトにイオン銀行を活用して、そのままお金を入金してしまいましょう。イオンカードセレクトを所持して、ネットで明細を見れるようにすれば、普通預金で0.1%の金利になります。

そこに万が一何もなくなっても生きていくためのお金を貯めるんです。そのためにわざとイオン銀行に入れるんです。ここが重要です。

万が一の出費に該当するのは、冠婚葬祭特に葬儀、病気やケガの入院・治療費あたりです。それ以外は計画的にできるはず。だって気軽におろせたら意味がないじゃないですか。ATM手数料とかもバカにならないし。

最悪そうした出費に必要になれば、その時に、必要なお金をイオン銀行ATMでおろせばいいんですよ。リスク管理しつつ、貯めましょう。


逆に、お金を入れる時に手数料を掛けて入れても本末転倒です。

まぁ、ネット銀行を使って手数料無料のところから入れるのもいいんですが、みずほ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMを使えばよいです。

平日8:45~18:00まで入出金手数料が無料なので、給与受け取ったらそのままATM入金なんて手ができそうです。

これを100万円が貯まるまでやると、月5万としても20か月かかりますが、福利効果で、予想以上の金利が入っていることでしょう。

まぁ、10万とかは今の時代無理ですけど、そこは頭を使ってやらないと生きていけませんよ。

1円をバカにせず、まずは100万円貯めるための努力をイオンカードセレクトとイオン銀行で始めましょう。

■イオン銀行の口座とイオンカードセレクトの申し込みをする。
※お申込み欄でイオンカードセレクトを選択しましょう。すぐ下に異なるカードがあります。注意してください。

イオンカードセレクトのその他の機能

ぶっちゃけ、日常づかいでは不便と言わざるを得ない状況です。

普通のショッピングでは、200円で1円分のポイント。0.5%です。イオングループで買っても、200円で2ポイント。やっと1.0%。

よくよく思い出してみてください。イオンではSuicaが使えるんですよ。1.5%還元で。

ですから、通常は、イオンカードセレクトを持っていても、ビックカメラSuicaカードのSuica部分で購入が一番賢いです。
■関連記事 - SuicaのクレジットカードといえばビックカメラSuicaカードしか選択肢にないよ。

上限の2万円なんてすぐに使ってしまう…じゃあ、チャージできるPaSoRiをYahooとか楽天とかの期間限定ポイントで買えばいいじゃないですか。時々ものすごいポイントくれるし。




普段イオンで買い物しても、勝てないんですよ。Suicaには。

おまけにイオンカードセレクトはイオン銀行でのクレジット引き落としの指定が入るので、なおさらこんがらがる。

ぼくたちは、忙しい時代に生きているので、シンプルに考えましょう。

イオン系列での支払いは、ビックカメラSuicaカードで。普通預金で貯金するには、イオンカードセレクトで。


例外はもちろんあります。

毎月20・30日のお客さま感謝デーは5%OFF。これはちょっと大きいですよね。

時間がある方は使ってみてください。でも、あくまでイオンカードセレクトは貯金するために持っているもので考えてください。

なので、使った金額だけ、当日中にイオン銀行にチャージすることを強くお勧めします。

1万円分買って、500円おトクになったはいいけど、貯金用口座が減るのは本末転倒です。

イオンカードセレクトにイオン銀行の口座を紐づける。どちらもお持ちでない方は、両方申し込んで紐づける。忘れないでください。

余裕資金を作るために、まずは100万円を貯めることをイオン銀行とイオンカードセレクトでがんばりましょう。

■イオン銀行の口座とイオンカードセレクトの申し込みをする。
※お申込み欄でイオンカードセレクトを選択しましょう。すぐ下に異なるカードがあります。注意してください。