shodo_b4d8a26dd1fb0c7e3e639e1c79c4c27b
あなたは、自分や親せきのこどもを除いて、人をほめたことはありますか?

ぼくはあります。

たとえば、新卒新人が配属されて、具体的にプロジェクトを動かす営業をして、30万円の受注を頂いてきたとき。

まわりの人はだれひとりほめなかったけど、ぼくはほめました。

このお客様は毎年の予算が50万で、それでなんとか維持管理に務めていました。

ですから、建物のトラブルや、テーブルやイスなどの備品も、毎年50万円でやらなければならない大変きついお客様でした。

そのなかで30万頂くってすごくないですか?ぼくはすごいと思って、「すごいね、おめでとう」とほめました。

日本人はほめる文化がない

ですが、ぼくはほめられた覚えが全然ありません。

ほめて伸びるタイプとはいったいどういうことなんでしょう。

リスクしかないからです。


たとえば、このブログを読んで頂いている方はご存知の通り、ぼくはいまうつ病の治療をしています。

会社も長く休みましたし、復職してからも休みがちです。つらいから。

でも、会社では「あいつはダメだ」なんて言われています。

3年前、部を救ってボーナスを全員+5万にのし上げる受注を持ってきたぼくがです。

そのときもほめられはしませんでした。よくやったな。とも言われず。

ぼくはいま、うつ病ですから、もしかしたら血迷って自殺してしまうかもしれないし、他人を殺してしまうかもしれません。


それがいま、日本社会だと、
「3年前、オマエが褒めたアイツが自殺しちまうほど腐ってんじゃねぇか。」
「オマエ、アイツのこと褒めてたよな。人殺しのヤツを。」

なんてなるんですよ。

日本では、結局ほめたらリスクになるというか、自分自身を守れなくなるんですよ。

だからだれもだれに対してもほめない。リスク回避です。

こんなんじゃモチベーションなんてあがりませんよね。

ぼくはここ15年くらいほめられた覚えがありません。

ぼくだって新規事業に携わったりするとか、新しいことに挑戦するなら、小学校1年生となんもかわりません。

でも、小学校1年生は先生が、「100点だね。おめでとう。」って言ってくれます。

でも、新規事業1年生のぼくは、上司に、何も言われません。

こどもだから当たり前だ!大人が何を言っているんだ!

ホントにそうでしょうか?

おとなだって、良いことをやったなと、客観視して思えばほめるべきだと思います。

嬉しいと思えることは率先してやる。Give & Giveの時代ですよ。


さぁ、あなたも1日1回、周りの人で頑張っている人がいたら、ほめましょう。

それが浸透することで、あなたのいるコミュニティの雰囲気が、がらりと変わると思いますよ。


ってただ思っただけ。